広告

ドラマ「テセウスの船」

妻の薦めもあり、

久しぶりにテレビドラマを観た。

『テセウスの船』だ。

父親の起こした28年前の殺人事件について冤罪の可能性を探ろうと初めて事件を正面から向き合う決心をした途端、事件の半年前にタイムスリップし当時の父親や母親と会い物語が進む。

主役は竹内涼真。以前ドラマ『下町ロケット』で好きになった俳優だ。

父親役は鈴木亮平。私は顔が似ているとよく言われるので親近感のわく俳優だ。

この2人だけでも見る値打ちを感じる。

第1話も面白かった。

2話以降も楽しみだ\(^-^)/

このようにドラマも考え方を変えてみると、とても手ごろな趣味とも言える。内容の共有からコミュニケーションに発展することも考えられる。

漫然と見るのはやめて、趣味としてテレビを活用するのはアリだと思う。ほとんどの人はそうしているのかもしれないが私は漫然と見ることが多かった。

少しオーバーな考えとも思うが、定年後もいきいきと生きていくための老活だと捉えれば全てが楽しく思える。

Challenge for next life【50代からの老活で、定年後もいきいきと】

広告

投稿者: n n

私は家族との時間を大切にすると決めたベテランマネジャー。一昨年、大動脈解離を発症し緊急手術で命拾いし考え方を修正。命を使い切ることにした。メルカリ、株取引、Twitter、ブログなどこれまで関わらなかったことにも挑戦。50代からの老活で、定年後もいきいきと(^^)v

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。