広告

大動脈解離 2日目(オペ翌日)

これは私が一昨年の11月に突如発症した病気について一日ごとに書き綴り、もしこの先、同じ病気に本人もしくは家族や知り合いがなった際の情報になればと願ったものである。

 

実際に私が発症した際に、妻は少しでも情報が欲しくて検索したようだがあまり見つからなかったと聞いた。それなら当事者である私が書けばよいと考えたところだ。

 

現在は順調に治癒している最中で、日常生活についてもほぼ普通に生活している。ブログのサブタイトルにある老活するぞという活力も出る始末だw

 

 

2日目(オペ翌日)

 

寝たような寝てないような状況のなか朝になった。体中から管が出ているのが気分的に滅入るそれと、呼吸するたび胸が動くので痛い。呼吸しずらい。

 

看護師さんが昨日言っていた『胸の骨を骨折したように痛いよ』骨折経験はないものの肋骨を何本か折れば、そりゃ痛いだろうと思ったが、呼吸もかという思いだ。

 

マイナスに考えても何も良いことはない。これも現実だと心に言い聞かせ、日にち薬であると自分自身で折り合いをつけた。

 

少しして看護師さんが来て朝ごはんを頑張って食べれば管が一本外せるよと言った。もう口から食べ物かと少々驚いたが、管が減るのなら、もちろん食べますと伝えた。

 

オペ翌日なので、お粥とオカズ少しだ。ベッドを起こしてもらい一口に入れた。胸が痛いので食べにくかったが、早く元通りに直したいと思い、頑張って完食だ。

 

『これで管が一本外れる』

 

食べ終わってホッとしていると、看護師さんが『歯ブラシとかないので口をゆすいでうがいする?」と、それで目の前の台に水を入れたコップと吐き出すための容器を置いてくれた。

 

口に水を含んでブクブ…?痛い!なんとブクブクと息を吐くのがとても痛いのである。そうか胸の骨が折れているような状態だと、肺から空気を出すことがこんなに痛いのか。

 

呼吸の時より激しいのか。当たり前に日常動かしている肺について、これほど深く考えたこともなかった。

 

当たり前の行為が出来ないことに辛さが一瞬こみ上げたがグッと押さえた。痛いながらもブクブクではないが、口に含んで顔を横に振って顔を下に向けて重力で出すという方法で。

 

ブクブクも痛いが、吐き出すということもかなり痛いので、重みで口から出すしかなかった。なんとか口をゆすぐことが出来た。疲れた。ベッドを戻してもらい目をつぶった。

 

少しして担当の先生が来てくれて、約束通り管を一本外してくれた。昼食も全部頑張って食べれた。ゆすぐのも頑張った。

 

午後、妻も来てくれた。幼稚園を終えた子供も義母と来てくれたが子供はICUには入れない。外で寂しがっているとのこと。頑張って早く一般病棟に行かなければとまた目標が増えた。

 

妻にはいろいろと心配と迷惑をかけているが、明るく振舞ってくれるので救われる。もともと明るく冗談が大好きな人なので、冗談ぽい話をしてくれ、そのたびに胸骨が痛い(^▽^;)

 

笑うことはかなり痛いので我慢するが耐えられない。我慢するほど笑いがこみ上げる。人間の本能だ。だけど痛い。

 

その痛さをこらえてるのをみて看護師さんが心配して飛んでくる。笑いをこらえてるとも言えず、痛み止めの点滴を使う。だけとまた笑う、痛いの繰り返し。

 

でもこうして明るくしてくれるのは幸せだ。かなり痛いがとても気持ちが晴れて良い。精神面はすごく上昇する。だが痛い(^▽^;)

 

そのうちに口を開いただけで、可笑しくなる始末。その都度、看護師さんが心配で飛んでくる。私が痛そうにするからだ、申し訳ない(^▽^;)

 

夕方になり妻、義母、会えていない子どもが帰った。さあ治すぞと小さく叫んだ。いっきにベッド周りが静かになり寂しくなった。

 

院長先生が来た。この先生もとても明るい人だ。昨日切った血管見たい?えっ?戸惑っているうちに持ってきてくれた(^▽^;)太くて大きな血管であった。

 

それと代わりに入っている人工血管と同じものも見せてくれた。端を折り返して縫ってあるから丈夫だとの説明。この数分間は院長先生に圧倒されまくりだった(^▽^;)

 

 

一般病棟に行くという目標もあり晩御飯も全て食べた。また管が一本減った。看護師さんが言うには口から食べるものが増えると、栄養が足りていくので点滴は減るとのこと。

 

食べるもので人間は出来ているという話しはよく聞くが、今、身をもって体験している。食べれる事が、生きていける事だと感じながら、今日も一日生きれた。

 

妻をはじめ全ての人やモノに感謝して寝ることにしよう。

 

 

 

 

 

 

広告

投稿者: n n

私は家族との時間を大切にすると決めたベテランマネジャー。一昨年、大動脈解離を発症し緊急手術で命拾いし考え方を修正。命を使い切ることにした。メルカリ、株取引、Twitter、ブログなどこれまで関わらなかったことにも挑戦。50代からの老活で、定年後もいきいきと(^^)v

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。