大動脈解離 4日目

これは私が一昨年の11月に突如発症した病気について一日ごとに書き綴り、もしこの先、同じ病気に本人もしくは家族や知り合いがなった際の情報になればと願ったものである。

 

実際に私が発症した際に、妻は少しでも情報が欲しくて検索したようだがあまり見つからなかったと聞いた。それなら当事者である私が書けばよいと考えたところだ。

 

現在は順調に治癒している最中で、日常生活についてもほぼ普通に生活している。ブログのサブタイトルにある老活するぞという活力も出る始末だw

 

4日目

 

ここICUでは6時ごろには看護師さんが検温に来る。それが起きる合図で今日も始まる。といっても、することは食べて寝る事が主だ。

 

今朝の担当看護師さんはICUで一番明るい女性だ。明るく大きな声で『おはようございます』と最大の笑顔で声掛けしてくれるので、気分が晴れる。

 

朝食も頑張って完食し、歯磨きも少々慣れてきた。先生が回診に来て、順調に回復しているのでということで、お腹にあった管と尿の管が取れた。尿の管を抜くときは少々ビビったw

 

少し痛かったが、これが生きていることかと大きなことを考えれば、何のことはない。耐えれるものだと思った。

 

これらが取れると一般病棟に行くことが出来る。ひとまず順調に目標達成である。個室が空きそうとのことだったので、少し贅沢させてもらい個室をお願いした。

 

10時過ぎに連絡があり、一般病棟の個室が空いたとのこと。準備して車椅子に。ICUのスタッフて全員、最高の笑顔で送り出してくれた。『ありがとうございます』

 

この人たちのおかげでここまで早く回復できたといっても言い過ぎではないように思う。それくらい最高に明るく親切で清潔好きな人たちだった。感謝しかない。

 

ICUの人たちにお礼を言って、4階の一般病棟へ。トイレや洗面も付いている。テレビもおいてある。一通り説明を受け少し横になった。

 

天井を見つめて思った『今までと違い静かだ』ICUでは常に顔が見えるところに看護師さんがいたし、ずっとなにやら働いていたのを見てきたので少々寂しく感じた。

 

少しして妻と子どもが来てくれた。一般病棟に二人とも大いに喜んでくれた。さっそく冗談の連発で笑かしてくれる。面白いが痛いw

 

妻からスマホを受け取った。これでようやくいろいろ連絡することができる。会社には4日前から急に行けなくなり、妻から連絡はしているものの連絡できない状況であった。

 

昼食を食べ(完食)、歯磨きをした。少しして母が来た。実家は電車と歩きで二時間くらいかかるので申し訳なかった。夕方まで居てくれて帰った。ありがとう。

 

そのあと妻と子どもも帰った。スマホが戻ってきたので、さっそく会社の社長、上司、同僚、部下に経緯等と迷惑を詫びる文章を送った。皆から暖かい言葉が戻ってきて嬉しかった。

 

夕食も全て食べた。ちなみにオペの翌日の朝からはすでにお粥ではなく普通ご飯で、今回からは量も普通サイズとなっているが、復調に繋がると信じ頑張って食べることにした。

 

一般病棟に移り、ご飯も普通の量になり、自分でも回復の速さに驚いている。これも日ごろから筋トレしたり、サプリやプロテインも欠かさなかったことから基礎体力があったおかげか。

 

それと一年半前に長年吸っていたタバコもきっぱりとやめたことも良かったのかも。発症した際に痛さで苦しまなかったのは珍しいそうだが、それも基礎体力のおかげであったかもだ。

 

歯磨きも終えたので、今日は眠たくなるまでゆっくりとスマホをいじったり、テレビでも見て過ごそうかと思う。

 

ゆっくりとテレビを観ることや、スマホをいじることは久しぶりだ。生きていることを一人かみしめながら、今宵も更けていく。。

 

 

 

 

 

投稿者: n n

私は家族との時間を大切にすると決めたベテランマネジャー。一昨年、大動脈解離を発症し緊急手術で命拾いし考え方を修正。命を使い切ることにした。メルカリ、株取引、Twitter、ブログなどこれまで関わらなかったことにも挑戦。50代からの老活で、定年後もいきいきと(^^)v

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。