大動脈解離 7日目

これは私が一昨年の11月に突如発症した病気について一日ごとに書き綴り、もしこの先、同じ病気に本人もしくは家族や知り合いがなった際の情報になればと願ったものである。

 

実際に私が発症した際に、妻は少しでも情報が欲しくて検索したようだがあまり見つからなかったと聞いた。それなら当事者である私が書けばよいと考えたところだ。

 

現在は順調に治癒している最中で、日常生活についてもほぼ普通に生活している。ブログのサブタイトルにある老活(50代からの挑戦)するぞという活力も出る始末だw

 

7日目

 

あの日から1週間経った。微熱の薬を貰うか、打合せを優先し仕事に行くかで結果病院を選択し、その後の手術から今までの出来事が目を瞑れば走馬灯のように蘇る。

 

これまでの人生もかなり波乱万丈な人生であるが、この1週間の濃さといえばこれまでの出来事とくらべても最大クラスだろうw

 

今朝もいつものように6時半の検温で起床。その後、体重測定。結果は問題無し。朝食もいつも通り完食、歯磨きも忘れずに。痛み止めや血圧の薬もOK。

 

ただ昨晩の深夜遅い時間に、廊下で看護師さんとお爺ちゃんが言い争い?が結構長く続いていてうるさくて寝れなかったので少々眠たいが…w

 

9時過ぎに採決があり、その後レントゲンもあった。いったん部屋に戻り、10時半にリハビリルームへ。ストレッチを一人で行ない、自転車を20分。

 

7日前に手術で胸を30センチ近く切り、胸骨も相当切り、痛み止めを4時間おきに飲んでいるものが、自転車を20分もこぐ運動を行えることを誰が想像できるであろう。

 

想像だけならば、まだまだベッドに寝た切りで体中に管があり、いかにも病人だというような姿だと思うが、現実は自転車だ。回復力に感謝。

 

自転車が終われば、ベッドでマッサージ。暖かいタオルをあてながら揉んでくれるので、本当に気持ちが良い。寝てしまいそうになる。

 

マッサージが終わり今日のリハビリは終了。ICUで一番元気で明るい看護師さんが、別の患者さんの付添でリハビリルームに来ていた。例の明るい大きな笑い声。元気をもらった。

 

病室に戻り寝ころびながらスマホを見る。YouTubeで鴨頭嘉人さんの講演を観た。面白い。すっかりハマった。元気をもらえる。言葉の一つひとつが栄養になっていく感じがする。

 

昼ごはんの際も鴨頭さんのYouTubeを見ながら完食し、見ながら歯磨きだ。アップされているものを次々に見ていく。面白い。ちなみに昼食はビーフシチュー。初めて美味かった(笑)

 

毎朝、血圧を看護師さんが測ってくれるので、今日から血圧手帳に書き込むことにしている。血圧も高くはないが、一応自分の数値がどう推移するのかを把握するため。

 

14時ごろ妻が来てくれた。売店でアイスを買い一緒に食べた。少しして看護師さんが来て、洗髪してくれてスッキリした。

 

来年の1月の終わりには車検なので、その事も含めて、TOYOTAの担当のお兄さんが見舞いに来てくれた。彼とは前の車からお世話になり、もう既に7年近くになる。

 

前に話していたときに、このタイミングでクルマを乗り換えるかもという話しもあったが、今の状況なので車検を受けてもう少し今のクルマを乗ることにした。

 

お兄さんと入れ替わりに妻の姉が姪と一緒にお見舞いに来てくれた。二人とも明るいので楽しい時間であった。一時間ほど居て帰った。その後、妻も帰った。今日もありがとう。

 

晩御飯を完食し歯磨き。痛みは続いているので、痛み止めは忘れずにのむことにする。ご飯も終わって痛み止めも飲んだのでスマホだ。

 

眠たくなるまで、鴨Tubeを見ることに。朝から見ているが、全く飽きることはない。元気や勇気や生きるパワーを貰えている。これも出会いだ。素晴らしい出会いに感謝。

 

鴨頭さん、ありがとうございます。感謝。

 

 

 

 

投稿者: n n

私は家族との時間を大切にすると決めたベテランマネジャー。一昨年、大動脈解離を発症し緊急手術で命拾いし考え方を修正。命を使い切ることにした。メルカリ、株取引、Twitter、ブログなどこれまで関わらなかったことにも挑戦。50代からの老活で、定年後もいきいきと(^^)v

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。