大動脈解離A型 手術後の自宅療養②

自宅療養にはいり5日目になった。ようやく痛み止めを4時間おきに飲まなくても良くなってきた。昨晩に飲んだきりで、今は翌日の朝を迎えているが、痛みはなく大丈夫なようだ。ホッとする。

 

それからお出かけすることにも、かなり慣れてきた。モールなどでは歩くことが多いが、これもリハビリの一環だと考えるようにしている。その時、食べる外食はひたすら美味しい。やはり味はしっかりがあるのが良いということだw薄味は不味いww

 

たまに近くの公園でウォーキングもおこなう。本人としては一生懸命に歩いているが、たぶんノロノロと歩いているように見えているだろう。一周500メートルのコースを3周回って。フラフラになった。

 

自宅療養一週間を過ぎたあたりで、YouTubeで面白い映画を見つけた。それは『日本統一』ダイジェスト版で1~4を見た。かなり面白い映画に出会ったようだ。

 

『日本統一』…横浜出身の不良青年である氷室蓮司(本宮泰風)、田村悠人(山口祥行)が日本最大の任侠団体「侠和会」の盃を受け、会の発展と日本極道界統一を目指し奮闘する姿を描く(ウィキペディアより)

 

入院中は鴨チューブで元気をもらい今でも欠かせないでいるが、この映画も同じく生きるパワーをもらえる。完璧に、ひきこまれた。ヤクザ映画は命がけで生きる人間模様を描いているので、その生きてる様が己の琴線に触れたようだ。主役の本宮泰風は初めて見た。良い男だと思う。

 

YouTubeではダイジェスト版しかないので、有料の映像を購入して、妻や子どもが出かけているときをねらって1から順番に見ていった。29までは順次見れた。(ちなみに現在は35まで見れている)

 

それからクルマは妻が運転し、私はもっぱら後部座席でどこへでも連れて行ってもらっている。久しぶり回転ずしも嬉しかった。それとTSUTAYAで『日本統一』を最初からもう一度借りなおして見た。我ながらどんだけ好きやねんと思う(笑)

 

自宅療養11日目には、いきなりステーキで300グラム食べた。久しぶりのがっつりとした肉だった。美味かった。完食した。腹いっぱいになった。生きるには肉が必要と強く感じた(笑)

 

痛み止めが無くなったので、病院に行き必要分貰った。定期的には飲んでいないが、無ければやはり不安だし、少しでも痛いときはすぐに飲むようにしている。精神的にも楽だ。

 

自宅療養17日目、今日は徒歩にて息子くんと二人ですこし離れたドラッグストアへ買い物だ。たまに来ていたところで、ここに来ると息子くんは好きなだけお菓子を買ってもらえる。甘いパパであるが、今日は特に久しぶりなので大判振る舞いだ(笑)

 

自宅療養20日目、今日は定期診察日。血液検査とレントゲンと最後に問診だ。順調に回復しているとのこと。良かった。骨の痛みは仕方がないとして、傷の痛みについては、時間がかかるとのことだ。自分で出来ることといえば毎日シャワーでしっかりと清潔を保つことなので、引き続き地道にそれを行うこととした。傷用の薬は特に無いようだ(残念)

 

自宅療養21日目、朝から妻と息子くんがお出かけなので、一人で思う存分『日本統一』を堪能した。どんだけ好きやねん(笑)

 

このような感じで自宅療養を過ごした。基本食べるものは問題ない。走ることはまだ無理そう。重いものは無理そう。体をひねったりもムリそう。クルマの運転もムリそう。痛み止めは朝に一回もしくは朝夜の二回でなんとかなる。喋ったりは問題ないので、もう少しすれば仕事へも行けるかも。幸い力仕事ではないので助かる。日本統一はOK(笑)

 

(続く)

 

 

 

投稿者: n n

私は家族との時間を大切にすると決めたベテランマネジャー。一昨年、大動脈解離を発症し緊急手術で命拾いし考え方を修正。命を使い切ることにした。メルカリ、株取引、Twitter、ブログなどこれまで関わらなかったことにも挑戦。50代からの老活で、定年後もいきいきと(^^)v

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。