妻からの重要な教え

3日まえ子どもの勉強の仕方について妻と言い争いになった。

普段は余り言わないようにしているがその時は無理であった。

学校と塾の宿題をやっていたのだが、朝ごはんが終わってから正午も余裕でまわり、すでに4時間になろうとしても終わらない。

確かに子どもの方ものらりくらりとおこない、なかなか前に進めないというか進まない。

リビングでしているので、その間TVも消していた。さすがに正午をまわってイライラしてしまい(上機嫌の継続ムリでした(^◇^;))妻の教育論に対して反論、それも強めに言ってしまった。

丸一日の冷却期間後いつものように自然和解をした。そのとき妻からの言葉。

「いろいろと愚痴のように言ってしまうのはとても悪いことだと反省しているけど、パパにしか言えないことも多いので、いろいろ言ったとしても反論からではなく共感がほしいだけなのと。夫として『そうか』という言葉が先ずあれば共感してくれてるという思いが湧いて、それで救われるの」と。

そういえば、妻との会話もそうだが、会社など別のところでも、『そうか』というワードは言葉の最初にほとんど出てこない。

ってことは、俺って、人に共感できていない、寄り添えていなかったのでは…

会社ではけっこう上の立場で、面談などもたくさんやってきて、自分としては、人間関係も問題なくやってきたつもりだったが…

一番大切な「共感」ができていなかったのではという思いになった。

その事以降は妻の言葉に対して、意識して『そうか』という言葉からはじめるようしている。口に違和感を覚えるくらい自分の言葉ではないように思える。重症だったのだ。わざとらしく聞こえても、それでも妻はOKのよう。あきらかに上機嫌だ。これまでは『ふんふん』とか『へー』など相づちはおこない、相手の目を見てコミュニケーションしてきたのだが…『そうか』からはじまる会話は全く違うとの事。

…そうか。

まずは『そうか』っていう共感があるのと無いのでは雲泥の差のようだ。恥ずかしながら今覚えたこの基本的?な会話のキャッチボールを今後は積極的に使うことと、もし共感に行き詰まっている人がいればこのblogを読んで一人でも共感について知ってもらえればと思う。

この『そうか』っていう言葉は、家庭だけではなく、これからは外でも大いに使うことでもっともっとコミュニケーションが深まり広がる予感がする。

これが今回妻から教えられた重要なことである。

ちなみに今朝、子どもにも『そうか』って返したら、いつも以上の笑顔でその後の会話が大いに弾んだ(笑)

投稿者: n n

私は家族との時間を大切にすると決めたベテランマネジャー。一昨年、大動脈解離を発症し緊急手術で命拾いし考え方を修正。命を使い切ることにした。メルカリ、株取引、Twitter、ブログなどこれまで関わらなかったことにも挑戦。50代からの老活で、定年後もいきいきと(^^)v

妻からの重要な教え」への1件のフィードバック

  1. 女性は確かに、共感してもらえると心強いと思います!
    私は奥様の気持ちがわかる気がします…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。